休肝日の効果。本当に必要?肝臓を効果的に休ませるには?

休肝日の効果。本当に必要?肝臓を効果的に休ませるには?

よく言われる「休肝日」は本当に効果があるのでしょうか。内臓には活動リズムがあり、肝臓は真夜中(0〜1時)に細胞が修復・再生される時間となります。個人差はありますが、ビール350mlのアルコールを分解するには約3時間。飲みすぎや夜遅くの飲酒は、肝臓に修復時間を与えないことになってしまいます。

 

そこで必要となるのが「休肝日」。週2日が理想ですが、難しい方も多いはず。週1日でも充分ではありませんが効果があります。さらに効果的に肝臓を休めるには、肝臓を助ける成分を摂ってあげましょう。

 

オルニパワーZnプラスの特徴

業界トップクラスのオルニチン配合で肝臓を助けます。肝機能を高めてくれるオルニチンは、アルコール分解にかかる時間を短縮してくれます。肝臓は、休む時間が確保できることで修復や再生時間をたっぷりとれます。アルコールの分解をサポートする亜鉛、抗酸化力のアスタキサンチンもプラス。3つのパワーで肝臓のお休み時間をサポートします。1日めやす4粒に、オルニチン800r配合。30日間安心返金保証もあり始めやすいサプリです。

価格 980円
評価 評価5
備考 1日めやす4粒。オルニチン800r配合

 

肝パワーEプラスの特徴

亜鉛やタウリンたっぷりの牡蠣を配合したサプリです。アルコール分解を助ける亜鉛、肝細胞再生を促すタウリンを含んだ牡蠣を使用しています。牡蠣にはミネラルやビタミンも豊富。いまある疲労の解消に嬉しい、にんにく、南高梅もプラスしています。1日めやす3粒が個包装ですので、持ち運びにも便利で飲み忘れも防止できます。毎月100名限定、5袋お試しセット980円(税込)もあり。

価格 980円
評価 評価4
備考 1日めやす3粒。個包装

 

しじみ習慣の特徴

しじみのオルニチンで肝臓を助けてくれるサプリです。台湾産の黄金しじみを100%使用しています。しじみのエキスをじっくり煮詰めて、ソフトカプセルに詰めたサプリです。しじみには肝機能を高めるオルニチンのほか、疲労回復に嬉しい成分が豊富。肝臓を休める手助けをしてくれます。1日めやす2粒。飲みやすさを確かめられる、5日分のサンプルもあります。

価格 0円
評価 評価3
備考 1日めやす2粒。黄金しじみ100%使用

 

休肝日を作ろう

 

お酒を飲む人の多くは、週に何度か飲んでいるうちに、ほぼ毎日飲むようになってしまうと言います。そのようになると、肝臓が休む暇が無いので、さまざまに不調を生じるようになります。

 

肝臓はアルコールの代謝のほかにも多くの仕事を休みなく行っていますが、アルコールが入ってくるとその処理を優先的に行うため、他の仕事が滞るようになります。有害物質を浄化したり、また体内に入ってきた栄養素を体の中で使うことができるように代謝する役割など、多くの働きがありますが、それがうまく行われないために体内に多くの不調が生じるようになります。

 

疲労や肌荒れ、そして血行不良や体温の低下など、多くの健康被害は肝臓から現れてきますから、肝臓の状態にもいつも気を遣っておかなければなりません。ちょっとを毎日続けるというのも肝臓にとっては負担ですから、休肝日を作るようにして、いいお酒の飲み方をしないといけません。できれば肝臓のためには禁酒できるのが一番です。

 

肝臓が弱ってくると健康に害が出るために、活動が制限されることも増えてきますし、肥満の原因ともなって生活習慣病のリスクを大きくしてしまいます。できるだけ自制して休肝日を意識した生活をするようにしましょう。

 

休肝日を儲けるメリットは健康面はもちろんですが経済面にもあります。お酒代が減ってお財布が潤ったという人も多く、そのお金で趣味を楽しむようにしたらストレスもそれほどたまることがなく良かったそうです。ちょっとお酒が多いかなと思う人は、ぜひ休肝日も作るようにしてみてくださいね。

 

休肝日について

 

アルコールは適量を守っていれば問題が無いと言います。ですから、本当に適量を守れるという人は休肝日は必要ないと言えるでしょう。

 

しかし、適量と言ってもそれは本当にお薬のように少量ですから、ほとんどの場合は守れずに余計なアルコールまで摂取してしまいます。ですから、休肝日というのは飲む日数を減らすことによってアルコールを処理したり内臓を整えるための時間を作るという意味を持っているのです。

 

休肝日を作らずに、アルコールの過剰摂取を続けてしまうと様々な病気のリスクが増加するようになり、その中には命に関わるようなものもあるので注意しなければなりません。出来る限り休肝日を作り、飲酒を自制する生活が望まれます。

 

休肝日を設けることによって肝臓や循環器系の深刻な病気やアルコール依存症を予防するために有効ですし、体のちょっとした不調をリセットする効果もあります。また、お酒を買わないで良いので経済的にもメリットがあると言います。そのお金で趣味などに投資をしたり、美味しいものを食べることもできるのです。

 

休肝日は、できるだけ事前に決めておいて、行き当たりばったりにならないようにしましょう。そして、なるべく自分や家族と過ごせる予定を入れること。友人やお仕事の予定を入れてしまうと、お付き合いでお酒を飲む機会ができることもあるので注意しましょう。

 

休肝日は理想的には週に3日ほど欲しいところ。無理でも週に2日を死守する気持ちでいると良いでしょう。二日酔いをしている日に迎え酒をしないように、その日は絶対に休肝日にしてあげることが大切です。

 

休肝日をよりよく過ごすために

 

社会人にもなればお付き合いで飲みにいく機会も増えるでしょうし、そうした場面で気持ちよく過ごすためには日頃からの準備が欠かせません。意識的に休肝日を設けて、肝臓をはじめとして内臓の働きを良くしておくことが大切です。

 

休肝日は、生活習慣病の予防するために必要不可欠なもので、アルコールから生じる生活習慣病はけっこう多いのです。アルコールを摂取し続けていると、肝臓に中性脂肪がストックされていくようになり、脂肪肝や内臓脂肪による肥満の原因になります。そしてそれらが多くの病気を引き起こすのです。

 

アルコールを飲まない休肝日を作ることによって、中性脂肪の蓄積を停止できることは非常に大きな効果があり、休肝日は一日でも多いにこしたことが無いといわれるのです。そういう意味では、少量だとしても毎日飲むのはあまり良いことではありません。

 

なら、週に一度、気が済むように飲む、ということを考えるかと思いますが、そうした場合は、生活習慣病よりも急性アルコール中毒のリスクが高くなります。健康面を考えると定期的な飲酒は方法がどうであろうとマイナスといわざるを得ないのです。

 

休肝日は肝臓だけでなく、他の臓器も休ませるという意味合いがありますので、お酒を飲まなければ何をしてもいいということではありません。賢く一日を過ごして、体調を整えること、そのためには知識も必要ですから、休肝日の過ごし方を考える上でも健康知識を身につけておくことは欠かせないのです。

 

アルコールの分解と休肝日

 

健康のためには週1〜2日はお酒を飲まない休肝日を作ると良いとされています。それほどたくさん飲まなければ大丈夫、健康には何の問題もないから大丈夫、そのように思っている人ほど後々問題になりますから注意した方が良いです。

 

アルコールは肝臓で分解される、ということは多くの人が知っていますが、ビールを中瓶で二本程度飲むと、そのアルコールの分解には平均で10時間かかると言われています。これはつまり、それほど多くのアルコールを摂取したつもりがなく、量も多くないと思っていても、その分解と排出には非常に多くの時間がかかっていることを意味します。

 

アルコールによって胃腸は荒れ、肝臓は長時間の追加労働を強いられるわけですから、当然体の調子は徐々に狂っていくしかありません。ですから、こういった臓器への負担をできるだけ軽減するために週に2日程度はお酒を飲まない休肝日を作ってあげる必要があると言うのです。

 

当然、もっとたくさんのお酒を飲めば、より長い時間がかかるようになります。基本的に眠っている状態はアルコールの分解効率が下がりますから、泥酔して眠るようなことになるとなかなか体内からアルコールがなくならず、そして内臓への刺激も強いものとなってしまいます。

 

休肝日は週に2日と決めるにしても、5日続けて飲んで2日休むよりは、2〜3日ごとに一日の休暇をはさむようにするのが良いようです。

 

お酒を飲まないことがストレスになるという人もいると思いますが、お酒のほかのストレス解消を考える上でも休肝日は重要な時間です。あえて健康に害のあるストレス解消法に頼らず、健康的なストレス解消を考えるようにしてください。

 

休肝日とアルコールによる下痢

 

お酒ばかり飲んでいると下痢が起こりやすくなるという話がありますよね。飲み会の翌日など、お腹を下しやすい人は参考にしてもらえたらと思います。

 

アルコールは少量であれば健康にもよいという話がありますが、適量を飲むことができるという人はほとんどいないでしょう。お酒を飲む人が満足感をえられる量というのは基本的に飲みすぎの状態であることが多く、適度に飲んでいるつもりでも体調不良の原因になることが多い事は知っておかなくてはなりません。

 

適量を超えて飲みすぎてしまうと、下痢になってしまう理由は、アルコールは胃や腸にとって刺激物だからに他なりません。それによって食べ物の消化が難しくなり、消化不良から下痢が起こったり、逆に便秘が起こることもあります。

 

ですから、できるだけアルコールをしっかり体で処理することができるように、普段から肝臓の調子を整えておいたり、飲むときも少しでも吸収を減らしたり胃腸の負担を減らすために牛乳などで予め膜を張っておくようにするなどの工夫が必要なのです。

 

休肝日は肝臓を休めるだけでなく、胃腸にかかるアルコールからの負担を軽減する効果もあり、体内の免疫力を活性化させて腸内環境の改善効果を発揮します。ですから、アルコールによる下痢を緩和したり、体質を強くするためには休肝日をもうけることが必要不可欠です。誤解して飲むことによって鍛えると考えている人がいますが、これは症状を悪化させるだけで何の意味もありません。

 

肝臓の健康の為に

 

セサミンの抗酸化作用。それに肝臓の健康を守る秘訣があります。肝臓は肝腎という言葉にされるほど腎臓に並んで人体になくてはならない臓器。そんな部分の機能低下や疾患は当然危険です。

 

ごまの健康パワーの源セサミンは、肝臓の細胞を攻撃してあらゆるリスクを高める活性酸素を低減させる強い抗酸化作用を持っています。肝臓は人体を構成する成分の合成・有毒物質の分解などその役割のほどは500種類以上。そしてそんな重要な臓器にも関わらず最も活性酸素に侵されやすい部分であり、ダメージで機能低下すると体に色んな症状を引き起こし肝臓系の病にもつながります。

 

十分なセサミン摂取で活性酸素を除去すれば肝臓を守ることができます。肝臓が気になる、お酒をよく飲む、二日酔いになりやすい人はセサミンをサプリなどで補給しておくのがお勧めです。

 

気になる方はこちら >>> 肝臓強化サプリ

更新履歴